週末は地元の観光地 寸又峡温泉 夢の吊り橋を散歩してきました。 

屋外で人も少ないのでコロナウイルスの心配も少なく、子供たちも喜んでいました。

 

ほぼ地元の人しか知らない穴場のおみやげは、川根本町崎平という地区にある坂下菊松さんの餅各種です。

早朝から手作りのお餅は売り切れが多いので、あればラッキー!我が家のお気に入りです。

 

さて まもなく新茶の季節を迎えます。

お得意様にはダイレクトメールを送らせていただきました。

新型コロナウイルスで大変な事態となっておりますが、お茶の新芽のように元気に頑張って参ります。

新緑の茶畑より、たくさんのご注文お待ちしております。

 

寸又峡

 

夢のつりはし

 

夢の吊り橋

    

子供達

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 茶畑にはトンボが飛び交い秋の気配を感じるようになりました。

 

久しぶりの更新になってしまいましたが、今年も暑い中、茶園管理や草刈り、原木しいたけの入れ替えなど暑さと戦いながらこなしてきました。適度に雨も降りお茶の木も元気です。

 

茶畑の間を深く耕す

 

 

夏の夕暮れ

 

 今週は通常のお茶の仕上げと合わせて、川根茶品評会に出品するお茶の製造も行っています。

昨年は、香級において一位優等を受賞することができました。本年も上位入賞できるよう 芸術品のような伸びと艶のあるお茶をつくるため、丁寧に時間をかけて作業を行っています。

 

令和元年川根茶品評会出品茶

 

静岡川根茶製造販売 株式会社 坂本園

 

 

 おかげさまで 今年も元気に忙しく新茶繁忙期を無事乗り越えることができました。

 

 毎年毎年 昨年以上をめざし、信頼してご予約いただいているお客様にご満足いただけるお茶をお届けしたいとはりきっておりますが、プレッシャーも多く製造中は非常に悩みます。

 

 製造しながら心がけていることは、見た目は黒く艶があり 葉は針のように細く伸びて縒れていて 粉は砂のようにズシッと重く 水色は鮮やかな緑色で  お茶の旨み渋みのある しっかりした味が楽しめるお茶 急須の蓋を開けた時に ふわっと香りが漂う 三煎目まで充分美味しく飲める事です。

 

 ここ近年は 農家の高齢化 、卸し先である販売小売店の減少などにより茶業界全般に厳しい状態が続いています。

 今年の新茶期でも時代の流れを強く感じました。

 

 毎年、至らぬ事や反省する事ばかりなのですが、坂本園の目指す商売は、薄く広くではなく 濃く深く お茶で太い信頼関係を目指して生産者とお客様が直につながり長くお付き合いしていただける様 努力していきます。

 

本年もたくさんのご用命ありがとうございました。

 

2019年新茶期茶畑

 

2019年新茶 茶刈り

 

新茶の拝見

 

追伸

100gの煎茶が出来るのに生の葉っぱがどれくらい必要かご存知でしょうか?

 

お茶は生の葉を摘み取り、蒸気で蒸して乾燥させながら揉んで行きます。

荒茶という状態になるまで 約5ぶんの1。乾燥 仕上げで 棒や粉を外し、さらに火入れを行い最終的には水分を23%まで減らして製茶になります。

川根新茶100g平袋一本のお茶を作るのに生葉は約600gは必要です。下の写真のような量の生の葉っぱが必要になります。

真空パックに入った一本のお茶には茶農家が一年かけて茶園管理してきた成果とみずみずしい新芽の栄養がぎゅっと凝縮しています。

 

 

生葉の量と茶葉100g

 

 

静岡川根茶製造販売 株式会社 坂本園

 

 

 

 平成三十一年から令和元年へ

 

 来月朔日は即位の日、改元が行われます。

 

【令和】には「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められているそうです。

 

お茶も人々の心が育てた日本の大切な文化

皆が美味しいお茶を飲み、令き(よき)心で和み(なごみ)合う。

 

そんな時代になってほしいと願っています。

 

 

本年度の皇室献上茶は「川根茶」が献上されます。

新天皇初の献上茶に川根茶を献上できますことはたいへん名誉なことです。

 

歴史ある川根茶の伝統を守り、後に伝えていく

新茶期を前に川根地域一丸となり、力を合わせて頑張っています。

 

もえぎ色広がる茶畑より、皆様のお便りお待ちしております。

 

平成から令和へ

 

 

献上茶の製造

 

 

平成31年4月28日茶園

 

坂本園はGW、5月は休まず営業しております

 

静岡川根茶製造販売 株式会社 坂本園

 

 

 

115日火曜日までの限定で 東京の日本橋三越本店本館地下一階に催事出店しています。

 

日本を代表する百貨店の大きな天女像の真下で、お茶の試飲販売をさせていただき、多くのお客様に坂本園の川根茶をご紹介することが出来ることを大変ありがたく思っています。

 

一期一会

今年もご縁を大切にして、いい一年に出来るよう頑張ります。

 

続けて116日から22日東京駅大丸百貨店地下一階に出店します。

宜しくお願い致します。

 

日本橋三越本店

 

 

 静岡川根茶製造販売 株式会社 坂本園

 

 


 先日、家の風呂のボイラーが故障したので、久しぶりに接岨峡温泉会館に行きました。お湯の質の良さにあらためて感動!

 無色 無味 無臭なのに お湯の中に座っていられないほど ツルツルとしていて 風呂を上がったあともいつまでも体が温かい。

トロリとした旨い日本酒の中に浸かっているようで最高でした。

 

接岨峡温泉会館

 

 

 さて 11月に入り紅葉シーズン 観光に大勢の方たちにお越しいただいています。 

 

 坂本園は お茶の製造から販売 秋の原木栽培椎茸もたくさん採れて忙しい毎日です。先週金曜日に得意先様に秋のご案内のパンフレットを送らせていただきました。

 毎年恒例のSLカレンダーのプレゼントも数量限定なのでご入り用の方はお早めに!

 

奥大井の秋

 

奥大井の秋2

 

静岡川根茶製造販売 株式会社 坂本園

 平成30年10月4日第59回川根茶品評会褒章授与式が行われました。川根茶の品評会は数ある静岡茶産地の中でも歴史が永く、良質な川根茶が多数出品されます。

 坂本園は香級の部にて1位優等賞を受賞することができました。ここ数年1位を受賞することがありませんでしたので、久しぶりの優等賞と現在川根茶業組合理事長である弊社社長 坂本政己の名前の入った賞状をいただく事が出来てたいへん嬉しく思っております。

 

2018品評会表彰式

 

2018品評会優等賞

 

 

さて、秋の虫の声と爽やかな風を感じる季節になりました。

茶畑の化粧ならしも終わり、あたたかいお茶の美味しい季節ですね。坂本園では現在新しい商品と共にパンフレットもリニューアルいたしております。皆様からのお茶のご用命心よりお待ちしております。

 

静岡川根茶製造販売 株式会社 坂本園

 

 

 

 

 第65回全国茶審査技術競技大会が大阪でおこなわれ、弊社社員の坂本健二が出場してきました。

 

全国闘茶会

 

 お茶業界の人以外はあまり知らないし興味もないと思われる大会ですが 、全国のお茶屋さんの若手が毎年必死になって練習して感性を磨き全国のお茶を拝見し、香りや味で判別する競技で、茶の審査技術向上の為に挑戦しております。今回、坂本健二は全国大会出場者の中で驚きの最高点を取ることが出来ました。昇段し段位六段をとることができました。

 

 これからの坂本園のお茶の仕事に一層役立てていきたいと思います。

 

全国闘茶会2

 

六段認定書

 

 

静岡川根茶製造販売 株式会社 坂本園

 

 

 坂本園では、お茶の製造と共に、昔から原木栽培でしいたけを造っています。
 しいたけの栽培も木を並べて勝手ににょきにょき生えてくるなら簡単ですが、そんな単純ではなくて、山にコナラの木を植え、大きくなったコナラの木を切り出し、短く玉切り、一本一本に椎茸の菌を打ち込み、1年半山の中で寝かせて、やっと椎茸の発生する木ができあがります。そして猿に食べられないようハウス内に並べ、秋と春の年二回椎茸が発生します。


 なかなか手間も力も使い大変で、昔、林業が盛んなころは川根本町でも多くの方が生産していましたが、高齢化もあり、栽培している方も少なくなっています。
 今日もハウス内の草を取り、古くなった椎茸のホダ木を捨て、1年半前に菌を入れ山に寝かしてあった新しい椎茸のホダ木をハウスに入れました。この時期まったく暑くてたまりません!😩が、
きっと秋には肉厚の原木生椎茸がたくさん採れると思います。

 

 ご予約いただけましたらしいたけ狩り体験も可能です。11月寸又峡温泉の紅葉を見ながらお立ち寄り下さい。インターネットから通信販売でもご注文承ります。
 地元の土産店、四季の里売店でも販売しております。

 

 

 

新ホダ搬入

 

椎茸ハウス 草取り

 

静岡川根茶製造販売 株式会社 坂本園

 

坂本園の椎茸ハウス


 とても暑かった今年の夏もお盆をすぎて 過ごしやすい気候になってきました。

 子供達の夏休み 大井川鉄道 千頭駅周辺は 今年も機関車トーマス号が走り テレビ等で取り上げられ多くのお客様で賑わっています。

 

 千頭駅前のお土産屋さん やんばい処売店や おとぎの郷売店でも当園のお茶を販売していただいておりますので、観光の際のお土産には川根茶をご利用下さい。

 

 千頭駅ホームの看板の下には坂本園の看板を付けていただいています。

 

2018 summer

 

 

 茶畑には 雑草がはえるので、何回も草取りをして 畝間を深く掘りおこし 来年の新茶に向けての準備に頑張っています。

今年の猛暑で茶園は大丈夫か心配してましたが、茶園は良好!元気です!

炎天下での外での作業は人にはかなり影響がありますので、気をつけて行っています。

 

fukaunai

 

 

静岡川根茶製造販売 株式会社 坂本園